テストの書き方、Quickの使い方

最近XCTestを担当しているアップル社員と話す機会によく恵まれています。その方々が言うには、Xcode/XCTestの担当部署の任務は「テストを書く習慣を広め、App Storeにあるアプリの品質向上に貢献する」そうです。

私は数年KiwiSpectaQuickのようなテスト・ツールを開発して、メンテしています。そしてここ数年ずっと思っているのが、実は役に立つテストを書くのは非常に簡単で、XCTestでもQuickでも大した違いがない、ということです。

ところが、いいテストを書くのが簡単でも、書き方を説明するドキュメントが意外と少なかったり、古かったりします。そこで去年QuickのDocumentationディレクトリにチュートリアルを置くようにしました。

チュートリアルは英語で書かれていますが、今年はそのチュートリアルを日本語に訳したいと考えています。 そしてそのチュートリアルは、@takecianのおかげで全部日本語訳できました

もしテストにご興味があったら、チュートリアルを読んでみてはいかがでしょう?OS X・iOSアプリのテストを書く経験が全くない方でもお役に立つと思います。

 
97
Kudos
 
97
Kudos

Now read this

Paying Down Technical Knowledge Debt

Programmers frequently encourage one another to “pay down technical debt”: spend a little time cleaning up the mess your team made when they implemented a new feature. That way, it’ll be easier to implement the next feature – you won’t... Continue →